ホームページをご覧いただきまして、ありがとうございます。福山市、尾道市、庄原市を中心とした広島県東部一円にてお仕事をさせていただいております、石のオカダです。今回は、福山市新市町の共同墓地に完成した、9寸角布団付4重台の愛媛県産大島石のお墓をご紹介いたします!

【福山市新市町の共同墓地 9寸角布団付4重台 愛媛県産大島石のお墓】

 

弊社のお客様からご紹介をいただきました。新市町の共同墓地にお墓をすでにお持ちの方で、先祖代々の古いお墓が複数建っており、そのお墓をひとつにまとめたいというご相談でした。

新しく建てるお墓については、国産の石を使用したいとご希望で、お墓の大きさはこのあたりの標準的な大きさである9寸くらいのものをご希望でした。お墓のある墓地でも、周りのお墓は9寸のものが多いようでした。お墓の周りの外柵については、周辺のお墓に合わせた、同様の形のもので調和をとりたいとご希望でした。

お客様のご要望に沿ったご提案を差し上げつつ、お参りの際のお掃除や管理がしやすいように、敷地内に草が生えないようにする工事と、お墓の手前の参道部分を石貼りにすることもご提案しました。参道の石貼りは、草が生えないということだけでなく、段差やデコボコしたところがなく歩きやすい、お参りのしやすいお墓になります。将来を考えて安全面も考慮してご提案して、採用していただけました。

では、完成したお墓を見ながらご紹介してまいります!

 

お墓全体です。中央に愛媛県産大島石の9寸4重台のお墓、向かって右手に法名碑、左手には青石を配置しました。手前は石貼りをした参道です。

 

 

9寸角布団付4重台、一般的な福山型のお墓です。福山型は、花立てや水鉢の設計等に他とは違う特徴があります。「9寸」はお墓の一番上の棹石の幅を指し、下から数えると4つの台がある「4重台」のお墓です。「角布団」は棹石すぐ下の部分です。

 

棹石です。お墓正面は「南無阿弥陀仏」のお念仏です。このあたりでは浄土真宗のお墓は、お寺様からのご指導もあり、「南無阿弥陀仏」や「倶会一処」と彫られているものが多いです。

石種は、愛媛県産の大島石です。大島石は、国内有数の高級石材で、模様も細やかで美しい石です。劣化が少なく、変色もほぼありません。年々青みを帯びて深みが出てくるという固有の特徴もあります。特に今回使用した石は状態もとても良く、細やかできれいな石目が見えています。

 

屋根型香炉と屋根付き蝋燭立てです。ガラス扉付きの一体型のものもありますが、今回はご希望で別々のものをご用意しました。浄土真宗のお墓なので、お線香を寝かせてお参りする形の香炉です。蝋燭立てはばね式の風防がついています。火が消えにくく、お参りの際に便利です。

 

外柵と参道の石貼り部分です。通路からはわずかな段差でお墓の前に入ることができます。傾斜地にある墓地でしたので、お墓の後方や通路などから水が入ってこないように、外柵の石も少し高めに設計しました。参道の中央部分はビシャン仕上げで、表面を磨かない加工です。雨の日なども滑りにくく、安全にお参りいただけます。

防草施工は、今回は水をかけると固まる土を使用しました。その上へ、福山市内で一般的に使用される高梁砂(たかはしずな)を敷いて仕上げています。ピンク色が入ったような色合いの砂利も入っていて、明るく仕上がります。

お墓背面には、建立年月日と建立者の方のお名前を彫っています。こうして見ると、棹石のすぐ下の「角布団」の形がよくわかりますね。最近建てるお墓では、この形が多いです。丸みのある角のないタイプもあります。この布団部分があるとより高級感のあるお墓に仕上がるということで、お客様もご希望されました。

 

以前からあった古いご先祖様のお墓をひとつにまとめるにあたって、法名碑を設置して歴代のご先祖様のお名前を彫らせていただきました。表面がいっぱいになったら、空いたスペースにもうひとつ法名碑を追加することももちろん可能ですし、この法名碑の裏側にも彫刻をすることができます。また、その時には表裏を入れ替えることも可能です。

お客様には、立派なお墓の完成を喜んでいただけました。これまでも大切にお墓を守られてこられてきたお客様ですが、今回ひとつのお墓にまとまったことで、管理もしやすく、将来的にも安心のお墓になったと思います。今後とも大切にお参りいただけますとうれしく思います。

今回は、ご家族様が亡くなられた悲しみの中でのお墓づくりでしたが、亡くなられた方を思う強いお気持ちが、私どもにもひしひしと伝わっておりました。そんなお気持ちを形にすべく、心を込めて、寄り添いながらお手伝いをさせていただきました。お墓の仕上がりやご対応など、ご満足いただけておりましたら幸いです。